ブランディングの重要性

この記事をシェアする

ブランディングとは何か

ブランディングとは、企業などが自分の製品・サービスのブランドを創り上げたり、そのブランドに対する良いイメージを浸透させたりすることです。
一般的にブランドというと、シャネルやティファニーなど、服飾製品の高級ブランドを思い浮かべることが多いかと思いますが、ここで取り扱うブランドの概念は、もっと広いものです。
高級服飾ブランドばかりでなく、ユニクロなどの廉価なブランドや、缶コーヒーのBOSSやガリガリ君などもブランドの一種です。
つまり、ブランドとは、高級品かどうかにかかわらず、ある製品やサービスに対して人々が感じるイメージが積み重なったものだと言えます。

ですから、高級品を取り扱う企業に限らず、あらゆる企業のマーケティングを考えるうえでブランディングは重要な地位を占めます。

ブランドのもつ効果

ブランドはどのような効果をもちえるのでしょうか。
まず一つには、ほかの企業の製品から差別化されるということです。
顧客がブランドによって「この商品はほかの商品とは異なる」と認識することができ、それによって顧客に自社製品を選ばせる契機が得られます。

二つ目には、顧客が自社の製品を選択するようになる、ということです。
ほかの商品を選ぶことができるにもかかわらず、ブランドへの信頼からそのブランドの製品を選択することを「ブランドロイヤルティ」と呼びます。

三つ目には、価格競争を回避できる、ということです。
顧客がブランドへの信頼によって製品を選択するようになると、価格を重視しなくなることがあります。
そうした場合には、他社より価格を高く設定していても、顧客に選ばれるようになるのです。

四つ目には、広告宣伝費の削減です。
ブランドが十分認知されると、あまり広告しなくても顧客が集まってくるようになります。