ブランディングとはそもそも何か

マーケティングにおいて、製品そのものの性能だけが重要ではない、あるいは大して重要ではない、とはよく言われることです。
製品そのものの性能より重要なのは、顧客知覚価値(CPV, Customer Perceived Value)です。
顧客知覚価値とは、文字通り、顧客が認識する価値であって、製品そのものの性能とは一致しません。
顧客は、広い便益とコストを含む顧客知覚価値でもって、購入する製品を選択すると言われています。
つまり、性能だけでなく、店舗の美しさや快適さ、従業員のサービスの質、処分のしやすさ、製品のイメージなどを考慮して、購買行動を決定するのです。

こうした顧客知覚価値の中で、かなり重要な地位を占めるのが、ブランドです。
優れたブランドがあれば、性能がさほど変わらなくても、価格が高くても顧客はそのブランドの製品を購入します。
極めて優れており市場に浸透しているブランドである場合には、そのブランドのロゴがついているだけで購入の決め手になることさえあります。

したがって、企業の業績を伸ばすためには、自身のブランドを確立し、維持し、向上させることがかなり有効です。
このように、ブランドを管理することをブランディングと呼びます。
とくにインターネットが普及して情報が素早く伝播するこの時代では、製品に対するイメージの総体を管理するものであるブランディングは、企業にとって重要なマーケティング上の課題になっています。
企業のマーケティングを理解したい方は、是非このサイトでブランディングの概要をみていってください。

ブランディングの重要性

このページでは、そもそもブランディングとは何かについて論じます。 また、ブランディングの対象であるブランドについても、その定義と存在意義について解説します。 ブランディングの目的をしっかりと理解するためには、ブランドがもたらしうる効果を知ることが不可欠です。

今あるブランドから価値を引き出す

ブランディングの選択肢には様々なものがありますが、たいていは「今あるブランドの価値をどのように維持・向上させるか、管理するか」というところに焦点が当たります。 既に築いたブランドの資源を利用することはリスクが少なく効率的だからです。 このページでは、そうした既存ブランドについての戦略を解説していきます。

新しいブランドで乾坤一擲

ときには、今あるブランドをテコ入れしても、なかなか利益が見込めないことがあります。 そうした際には、新しいブランドを打ち出すほかありません。 また、全く新しい市場で利益の機会を見出した時にも、完全に新しい方法が必要とされる場合があります。 ここでは、そうした場合のために、新規ブランドの戦略をみていきます。